遠距離介護の交通費を節約するためには?

遠距離介護が長期化する可能性があります。月2回の帰省で10万以上かかるケースもありますので、工夫して節約する必要があります。
兄弟がいるのならば負担を分担したり、実際の介護にかかわらない兄弟には、一部費用を負担してもらうこともいいかと思います。

<交通費の節約>

航空運賃
各航空会社では介護割引を用意していて、正規料金より30~40%の割引で利用できます。事前に証明書が必要であったり、購入時期も限られていますので、利用する航空会社に問い合わせてください。また、マイレージカードを作っておくのもいいでしょう。その他、チケットショップで割引切符が購入できることもあります。

 電車運賃
JRは往復割引や回数券を利用するといいでしょう。また、チケットショップで格安の切符が購入できます。
JR各社では年齢に応じて割引になる会員制の切符がありますので、問い合わせしてください。

 高速バス
高速バスが走っている区間では、新幹線や航空機利用に比べて費用が3分の1以下で利用できます。最近は快適なシートのバスが増えてきていますので、肉体的な疲労も最小限に抑えられます。

 マイカー
負担にならない距離であれば、一つの方法です。人数が多い場合などは安上がりになります。ただし、疲労が蓄積していて運転が危険な場合は、コストが高くても他の交通手段を利用してください。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ