訪問看護についても知っておこう

1人で通院するのが難しい場合、在宅のまま診察を受けられるサービスが訪問看護です。国の方針もあり、年々拡大しています。

訪問看護を受けることができる対象は、介護保険なら要支援・要介護の認定を受けた人、後期高齢者医療制度や医療保険ならば、病気やケガで在宅療養している人であり、主治医が訪問介護の必要性を指示したという条件です。

これらの条件を満たした人は、訪問看護を受けることができて、保険の対象となり負担が軽減されます。利用費は、交通費、オムツ代などの実費も支払います。

<訪問看護について>

看護

①体温、脈拍、呼吸、血圧などの測定
②食事、清潔、排泄、移動の介助
③医師の指示による医療的処置
床ずれ予防、傷の手当、カテーテルの交換と管理、在宅酸素の管理、NIPPV、膀胱洗浄、PACD、点滴、注射など
④薬の飲み方・管理
⑤生活リハビリ
⑥療養生活に関する相談、助言
⑦精神、心理面のケア
⑧終末期のケア

家族への助言・相談

①療養の世話について
②応急手当方法
③家族の健康相談、悩み相談
④介護用品の紹介
⑤福祉サービスの利用について

かかりつけ医(医療機関)との連絡・調整

①かかりつけ医への病状連絡、相談
②緊急時対応
③かかりつけ医より治療方針と指示を受ける

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ